時代とニーズに応える価値ある会計システムの提供を。

  • 最小
  • 標準
  • 最大
サイト内検索 検索
イベント

消費税軽減税率対策・会計システムセミナー

開催概要

  • 日時: 3月27日(水曜日)14:25~16:20(受付:14:00~)
  • 場所: 阪急グランドビル26階 会議室 2・3号室 
  • 主催: 株式会社ICSパートナーズ

参加お申込み

参加お申し込みはこちら

内容

 2019年10月に消費税率が10%に引き上げられる予定です。今回は税率の引き上げだけに留まらず、軽減税率の対応も必要となります。更に、その先には、適格請求書等保存方式の導入も予定されてます。
経理部門やIT部門の方は勿論の事、企業様全体でこれらの対策は必要不可欠な課題です。
 本セミナーでは消費税率10%への税率切替の留意点、軽減税率等の消費税法の改正の動向についてデロイトトーマツ税理士法人の飯田先生をお招きしてご講演いただきます。
また、第2部では、「戦略情報会計システムOPEN21 SIAS」における消費税対応及び、ファイルリンク機能+AIを活用した「AccountechOCR」によるペーパーレス会計の支援機能をご紹介させて頂きます。
 ご多用の事とは存じますが、是非ご出席賜りますようお願い申し上げます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【 受 付 】14:00~

【ご挨拶】14:25~14:30 (所要時間 5分)

【第1部】14:30~15:30 (所要時間 60分)

消費税軽減税率セミナー

 2019年10月1日より消費税率が8%から10%に引き上げられると同時に、低所得者対策として「軽減税率制度」が実施されます。
 また、複数税率に対応した仕入税額控除の方式として、2019年10月から現行の「請求書等保存方式」を維持しつつ、区分経理に対応するために「区分記載請求書等保存方式」が実施された後、2023年10月から「適格請求書等保存方式」(インボイス制度)の導入が予定されています。
 今回のセミナーでは、軽減税率制度の適用、インボイス制度の留意点を中心に説明するとともに、8%から10%への引上げに伴う経過措置についても解説いたします。

講師:デロイト トーマツ税理士法人                    
税理士 シニアマネジャー 飯田 幸子 様

【講師経歴】
大阪事務所 国内税務部門 シニアマネジャー
事業承継税務支援、国内の再編等に関する相談業務、株価評価、連結納税導入への対応支援業務、税務デューデリジェンス等、普通法人に関する税務サービスに加え、医療法人を含む公益法人に対する税務サービスに従事している。

  • ※講演者と同業となる方のお申込みはご遠慮いただきます様お願い致します。

【第2部】15:40~16:20 (所要時間 40分)

「戦略情報会計システムOPEN21 SIAS」消費税対応機能のご紹介と
AIを活用した業務支援システム「AccountechOCR」のご紹介

会計専門ベンダーの消費税対応システムのノウハウをご紹介致します。

  • システム構成・運用方法を交えてご紹介
  • 属性でデフォルト設定し、明細毎に対応できる(帳簿システム)
実用性を最重要テーマと考え、書類読解の新技術を開発した「AccountechOCR」~非定型請求書読取

講師:株式会社ICSパートナーズ

定員

  • 定員: 100名

受講料

  • 受講料: 無料(事前登録制)

お問い合わせ

  • 株式会社ICSパートナーズ 三谷(ミタニ)
  • TEL : 06-6375-8055  FAX : 06-6375-8077
  • 〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 14F

ページトップへ