時代とニーズに応える価値ある会計システムの提供を。

  • 最小
  • 標準
  • 最大
サイト内検索 検索
イベント

ICS会計システムセミナー 2020春

MOVE! to the Next.

東 京2020年2月5日(水)

会場:東京国際フォーラム ホールD7

参加お申し込みはこちら

セミナー内容ご案内

  • 受付 13:20~
  • ご挨拶 13:50~14:00

14:00~14:40

Session 1
事例スタディ:ユーザー企業様による事例発表

私たちのICS会計システム導入背景と活用法

小田急箱根ホールディングス株式会社 様 事例発表
主な事業内容
小田急グループの箱根エリアに関わる経営計画、営業計画の企画・立案・推進業務およびグループ会社管理業務
小田急箱根ホールディングス株式会社
  • 会計システム更新時期を控え、ケーススタディを収集されている企業様。
  • 「使えるシステム」へ、会計システムのリプレースをご検討中の企業様。
  • ICS会計システムを既にお使いで新たに活用領域を広げたいとお考えの企業様。

現場to現場だからこそ、共有できる課題やなるほどの答えを見つけていただけるものと考えます。
会場にて企業様の”リアルな活用紹介”にご期待ください。

  1. 検討の背景 (課題と解決方向)
  2. システム選定のポイント
  3. 導入後の効果

14:50~15:50

Session 2
基調講演:有限責任監査法人トーマツ

ケーススタディから学ぶ『スピード経営』第11弾

RPA時代の業務フロー“メリハリ”実践術

“少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少”や“育児・介護との両立など働く側のニーズの多様化”などの状況に直面している現代日本において、企業では投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

経理などの管理部門においても、まさにこうした「働き方改革」は急務の事項であり、そのために多くの企業がAIやRPA(Robotic Process Automation)などの導入による業務改善を進めています。

その一方で、こうした業務の自動化ツールの導入に際しては大きな誤解も生まれていることも事実です。

例えば、業務の自動化により、これまで人がやっていた仕事は取り上げられてしまうのではないかと心配されていることがあるかもしれません。本当にそうでしょうか。AIやRPAは人が多くの時間をかけてしまう作業を簡単に仕上げてしまう部分も確かにありますが、一方、人にしかできない業務もあるのではないでしょうか。業務改善により起こすべきは、単なる仕事の量の削減だけではなく、仕事の質の向上でもあるはずです。

また、自動化ツールを導入することで必ずしも「働き方改革」が達成できるわけではありません。その過程を誤ると、導入に際して無駄なコストや労力をかけてしまうこととなり、業務改善が一向に進まない事態に陥りかねません。

本セミナーでは、こうした管理部門における業務改善の一つとして自動化を選択する際の抑えるべきポイントについて、「管理会計」「内部統制」「経営」などの側面からケーススタディを交えて分かりやすく解説します。

講師
有限責任監査法人トーマツ
マネジャー 公認会計士
平山 大貴 様
有限責任監査法人トーマツ マネジャー 公認会計士 平山 大貴 様

有限責任監査法人トーマツ 監査・保証事業本部 第一事業部所属。上場会社及び上場準備会社の監査に多数従事し、現在はソフトウェア開発企業や小売企業の法定監査を担当している。 監査以外にも内部統制の構築支援業務、決算早期化やシステム導入に関しての助言・指導、会計を中心とした勉強会・セミナー講演など幅広い業務を行っている。

16:00~16:40

Session 3
最新システム紹介:「OPEN21 SIAS」×「Accountech®RPA」

経理・会計業務の自動化に向けた視点と技術

~システム化・自動化の推進により「空いた時間」を「人の判断が必要な業務」へ~

「OPEN21 SIAS」×「Accountech®RPA」
1. 生産性向上
人とAI、RPA等自動化ツールの新たな役割分担について
2. 簡単ペーパーレス化
「探す業務」を大幅に削減する。監査3点セット(仕訳・証憑・稟議書)の一発検索
WF→SIAS ファイル添付・LINK機能関連デモンストレーション
3. ロボット
経理・会計業務のRPA(Robotic Process Automation)について
4. ガバナンス強化
内部統制とグループ個社の詳細情報確認の方法について

会場のご案内

東京国際フォーラム ホールD7
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

[お問い合わせ]
株式会社ICSパートナーズ セミナー事務局
TEL: 03-3214-6072
FAX: 03-3214-2040
(会場MAP) 東京国際フォーラム ホールB5

ページトップへ